FXリアルトレード道場

トライオートFXで年金・老後・失業の不安に対抗します!トレード成績公開中!

個人こそ安全重視の長期的なFXをすべきでは?

[記事公開日]2016/09/18
[最終更新日]2016/10/17

個人こそ安全重視の長期的なFXをすべきでは?

FXで継続的に勝っている人の割合は不明です。噂では、5%、10%、20%という数字が飛び交っています。いずれにしても、共通しているのは「圧倒的大多数の個人は負けているだろう」ということです。

パチンコや競馬と同じイメージでFXをする場合、「まあ仕方ないか」で済むかもしれません。

しかし、下のような危機感を持ってFXをする場合、まあ仕方ないかでは済まないでしょう。大切なお金を失ってしまったのですから。

・ 今働いている企業でずっと働けるか?
・ 病気になって働けなくなったら?
・ 年金はもらえるだろうか?
・ 老後に必要な資金を確保できるだろうか?
・ 心配ばかりでなく人生を楽しみたいが、お金がない

では、FXで大多数の負け組に入らず、勝ち組として生き残るにはどうすれば良いでしょうか。

 

案1: デイトレードで大きく稼ぐ

この案を採用して夢見る人は少なくないと思います。しかし、成功できるのは一握りの人ではないでしょうか。というのは、私たちは忙しいからです。

仕事から帰ってからFXという感じで、片手間にやることになるでしょう。

為替レートは上昇と下落の二者択一ですが、為替相場でお金を稼ごうとしているプレーヤーは強敵ぞろいです。強力なコンピューターと人材を揃えた機関投資家、デイトレードだけで毎年大きく稼ぐスーパートレーダー。

FXは通貨の交換ですから、誰かが勝てば、その分のお金を誰かが支払います。

スーパープレーヤーが何億円も稼ぐとはすなわち、負けた人がそのお金を払っているということです。

「何となく勝てるかも?」という気持ちでFXを始めても、なかなか勝てないのは自然な結果だと思います。しかし、デイトレードで自由に資金を増やせれば楽しいですから、挑戦する価値はあるでしょう。

 

案2: 超長期で稼ぐ

スーパートレーダーや機関投資家と同じ土俵で戦いたくない、デイトレードで時間と精神を使い続けるのは無理、株式投資のように「買って長期で持つ」という感じでやりたい。

こういう方も多いと思います。

このパターンの場合、適切に行動すれば生き残る可能性は5%~20%よりも高くなるのでは?と思います。

例えば、下のチャートで確認しましょう。米ドル/円(USD/JPY)の長期チャートです。赤の四角で囲った頃、スワップポイント狙いで米ドル/円(USD/JPY)を買う人が大勢いました。いわゆるスワップ派です。

usdjpy-long-term

スワップポイントで得られる額が大きいので、買って持つというトレードにピッタリです。

しかし、2007年以降、大きく円高になりました。2011年には80円を割ってしまいました。この過程で多くの人がロスカットになったと予想できます。

しかし、2015年の為替レートをご覧ください。2005年~2007年の水準と変わらないことが分かります。すなわち、レバレッジを小さくしてずっと持っていれば、損しなかったことが分かります。しかも、スワップポイントを毎日もらっているのです。

もう一つの例を見ましょう。豪ドル/円(AUD/JPY)です。赤の四角がスワップ派全盛時代です。2008年のリーマンショックで一気の暴落となりました。しかし、2009年には反転していることが分かります。

ここでも、レバレッジを低くしていれば負けなかったことが分かります。しかも、スワップポイントは大きいです。

audjpy-long-term-1

機関投資家などのビッグプレーヤーには、決算期があります。このため、大きな含み損が出てもOKというわけにはいきません。含み損が発生する初期段階で損切りしなければならないでしょう。

一方、個人の場合、含み損が大きくなっても大丈夫です。強制ロスカットにさえならなければ、いつまでもそのポジションを保有できます。

この点が、個人の大きなメリットです。機関投資家と同じ土俵で戦っても苦しいですから、自分の土俵で自由に戦いたいです。

その結果、全員が勝てるわけではないでしょう。しかし、低レバレッジで中長期運用に注力すれば、勝者が5%~20%という低い数字になることはないのでは?と予想しています。

当ブログの設定はまさに、「低レバレッジで中長期運用」を実践するトレードです。

→ トライオートFXの口座開設はこちらから
トライオートFXは、業界最小水準のスプレッド、そして高水準のスワップポイントを提示します。
さらに、仕掛け注文は「パソコンの電源を切っても自動で取引」してくれるスグレモノです。
自動取引でも裁量取引でも威力を発揮。当ブログの取引では必須のFX口座です。