仮想通貨

無料の仮想通貨で資産を作る

この記事を書いている時点で、ビットコインの価格は600万円を超えています。

さらに上昇して1,000万円になる可能性もありますが、さすがに上昇力は弱まるのでは?と考えることも可能です。あるいは、下落するかもしれません。

そこで、損したくないので無料で仮想通貨をもらって、コツコツと資産を作っていく方法を考えます。

無料の仮想通貨で資産を築く道筋

最初に確認すべきは、この方法で一気に大儲けできる確率は低いということです(ただし、ゼロではないというのが面白いところ)。

ここでは、2つのステップを踏みます。最初は無料で仮想通貨を稼ぐこと、次に、稼いだ仮想通貨の数量を増やすことです。

ちなみに、仮想通貨の価格が上がれば儲かりますが、価格は自分で操作できません。そこで、稼いだ仮想通貨の数量を増やすことに注目します。

仮想通貨を無料で確保

まずは、仮想通貨の確保です。

自己資金を投入して買うのが王道ですが損したくありませんので、ここでは無料でなんとかしたい!という趣旨で頑張ります。

エアドロップ(airdrop)

最も確実なのは、エアドロップです。

エアドロップとは、仮想通貨を開発した企業等が、その仮想通貨を無償で一般の人々に配布することです。無償で配布することによって所有者を増やして知名度を上げることを目的としています。

その後に価格が何十倍、何百倍にもなればOK。

そこで、エアドロップ情報を探すのですが、全世界の情報を自分で探すのは大変すぎますので、エアドロップ情報を専門に集めたサイトを使うのが楽です。

【関連サイト】airdrops.io

仮想通貨情報は、基本的に英語で発信されます。このため英語を理解できないと厳しい面がありますが、英語を理解できるなら、挑戦できるでしょう。

ちなみに、エアドロップで得た仮想通貨の価格は上昇するか?ですが、価格がぜんぜん上昇しない場合もあれば、日本の取引所で売買できるようになって大成功になる場合もあります。

例えば、トロン(TRON、TRX)は2019年にエアドロップが実行されました。その時にもらっておけば、今頃(2021年4月)はとても気持ち良いことでしょう。

なお、下のリンクではCaizcoinのエアドロップについてご案内しています。

エアドロップ例:Caizcoin(カイズコイン)

仮想通貨を無料でもらう方法として、エアドロップについて言及しました(下の記事)。 そこで、具体例をご案内します。 数多くの例がありますが、おおよそどれも同じような作業をすれば仮想通貨をもらえますので、 ...

続きを見る

フォーセット(faucet)

エアドロップは一獲千金系の方法ですが、英語力が必要ですし、仮想通貨に関する知識も一定程度必要です。もっと簡単な方法はないか?ですが、あります。

いわゆるフォーセット(faucet、蛇口)と呼ばれるものです。

これは、1回でもらえる数量は少ないですが、ビットコインやライトコインなど知名度ある仮想通貨をもらえるのがメリットです。

ゆったり為替のメインブログ「FXゆったりトレード派」では、下の2つについてご案内しています。ゆったり為替自身も利用しており、現時点でトラブルなく仮想通貨をもらえています。

フォーセット2種類

上のリンクをクリックすると、それぞれの解説記事に移動します。

ゲーム

ゲームで仮想通貨をもらうこともできます。下のゲーム「ユビホル」で遊ぶとイーサリアムをもらえます。

下のリンクは、ユビホルのアイテムであるツルハシについて紹介しています。

ユビホル:獲得した「つるはし」紹介

暇な時にはユビホルが面白いです(イーサリアムをもらえますし)。そこで、獲得した中で最強のつるはしや、レアアビリティを持ったつるはしを紹介していきます。 レアなのに削除してしまったつるはしもあり、少々も ...

続きを見る

仮想通貨を増やす

さて、こうして獲得した仮想通貨を増やすにはどうするか?ですが、主な方法はステーキングと貸仮想通貨の2種類です。

この2つとも採用できない場合は、簡単なトレードで数量増加を狙うか、長期保有で価格上昇を狙います。

ステーキング

ステーキングとは、ビットコインのマイニングに相当するものです。

個人でビットコインのマイニングをするのはあまりに無謀な感じですが、ステーキングの場合は少額保有でも参加できるのがメリットです。しかも、初期設定をしたら放置OKです。

ゆったり為替のメインブログ「FXゆったりトレード派」では、下の2つについてご案内しています。

ステーキング2選

だいたい、年率で3%~6%くらいの数量増加を見込めます。同時に価格も上昇すれば、万歳です。

価格が上昇しない場合は、いつの日か価格が大暴騰するのを期待しながら、放置し続けて仮想通貨の数量増加を目指します。

ちなみに、フォーセットやゲームでもらえるとしてご案内しているのは、ビットコイン・ライトコイン・イーサリアムであって、トロンやテゾスではありません。

よって、ビットコイン等を得たら、ビットポイント等の取引所でビットコイン等を売りつつトロンなどを買って、ステーキングすることになります。

貸仮想通貨

定期的に収入を得るという意味では、貸仮想通貨(貸暗号資産)も候補になります。

これは、コインチェックやGMOコインなどに対して、自分が持っている仮想通貨を貸し、その対価として仮想通貨をもらう方法です。

この方法は、ビットコインやライトコインなど、ステーキングを使えない仮想通貨を増やす方法として選択肢になります。下は、貸仮想通貨に関する解説記事です。

【リンク】仮想通貨の長期保有で定期収入(インカムゲイン)獲得

ただし、ある程度の数量を確保した上でないと利用できないのが、難しいところです。このため、ステーキングに比べて使い勝手が良いとは言えないでしょう。

簡単なトレード

上の2つとも実行が難しい場合は、ごく簡単なトレードも検討できます。ただし、トレードで資産を増やすことができるのは、トレード技術を持ったごくわずかな人に限られます。

そこで、とても簡単であり、かつ期待通りにならなくても損しない方法をご案内します。

step
1
仮想通貨を確保

フォーセットやゲームなどで、ある程度の数量の仮想通貨を確保します。

step
2
取引所で売却

その仮想通貨を取引所で売却して、いくらかの資金を確保します。

step
3
安くなったら買い戻す

売却後、価格が売値よりも安くなったら、売却で得た資金全額を使って仮想通貨を買い戻します。

取引例として、無料で0.1LTC(0.1ライトコイン)を得たとしましょう。この時の価格が2万円なら、全部売却すると2,000円になります。その後、ライトコイン価格が1万円になった時に2,000円全額で買うと、0.2LTCを得られます。

円換算の金額は同額ですが、ライトコインの数量は2倍になりました。その後、長期保有して価格が上昇すればOKです(上昇後に再度売って、下落時に再び買うという選択肢もあります)。

簡単なトレードの注意点

ちなみに、売却後に価格が下落せずに上昇してしまう場合にはライトコインを買い戻せませんが、手元に円が残っているので損したわけではありません。

今後も無料で仮想通貨をもらい続けますし、どこかで再び下落トレンドになる可能性もあります。買値よりも大きく下落した時点で買い戻せばOKです。

ただし、長期的な視点で仮想通貨価格の上昇を予想する場合、この手法を繰り返すと価格の大幅上昇時に手元に仮想通貨がなくて残念な気持ちになるかもしれません。

その場合は、この手法を繰り返し使おうとせず、どこかで終了して仮想通貨を確保するのが良さそうです。

想定期間

では、この方法でお金を稼ごうと思う場合、想定すべき期間はどれくらいでしょうか。ズバリ、「老後資金の一部として考えるくらい」という感じで、10年以上が視野に入ります。

なぜなら、フォーセットやゲーム1回で得られる仮想通貨の数量は、ごくわずかだからです。

ただし、エアドロップの場合は、一発逆転!という感じで成功を収められる可能性を秘めています。それに当たる可能性は高くないですが、余力があればエアドロップに挑戦する価値はあるでしょう。

-仮想通貨

© 2021 FXゆったりトレード派 second