トライオートFXの機能

トライオートFXが得意なトレード期間は?

投稿日:2016年7月27日 更新日:

スキャルピングからポジショントレードまで全てにおいて機能が完璧で、どの通貨ペアでもスプレッドが小さく、スワップポイントも高いFX口座。

そんなFX口座があれば最高ですが、それは無理というものです。

そんなサービスを提供したら、FX業者が経営破たんしてしまうかもしれません。というわけで、各社は「ここだ!」という機能を集中的に強くして、ユーザーに魅力を訴えていると思います。

では、トライオートFXの強みはどこにあるでしょうか。今回は、「取引期間」という視点で考察します。

トライオートFXが強い取引期間は?

トライオートFXはマニュアル取引(裁量トレード)と自動取引ができますので、2つに分けて考えましょう。

マニュアル取引

トライオートFXでトレードできる通貨ペアのスプレッドは、極めて狭いです。自動取引がメインのツールですから、ここまで狭くしなくてもと思ってしまうくらいの狭さです。

詳細は、「トライオートFXで取引可能な通貨ペア数は17種類」でご確認いただけます。

というわけで、スキャルピングから長期トレードまで対応可能と言えます。ただし、インヴァスト証券はスキャルピングを推奨しているように見えません(システムに負担がかかりますし・・・)。

というわけで、マニュアル取引は「デイトレードから長期まで」が得意な範囲だと言えるでしょう。

自動取引(AP注文、仕掛け注文)

次に、自動取引が得意な取引期間を考えましょう。

自動取引も、マニュアル取引と同じ狭いスプレッドが適用されます。しかし、これとは別にマークアップ手数料と呼ばれる取引手数料が必要です。

(取引手数料については、別記事「トライオートFXのマークアップ手数料について考察」でご確認ください。)

ということは、あまりに小さな利幅を狙っても、手数料で食われてしまって思い通りにいかない可能性があります。よって、スキャルピングやデイトレードは向かない可能性があります。

また、インヴァスト証券のホームページの作り方を見ると、トライオートFXの得意な期間が見えてきます。

レンジ追尾:
半年~1年くらいの取引期間を例に出して説明しています。下の画像はレンジ追尾の説明をトライオートFXのホームページからコピペしたものです。取引例ではありますが、6か月間を採用しています。

period-1

追尾仕掛け:
トレンドを追うという仕掛け注文ですが、数百pips以上の値動きを例にして説明されています。下の画像はトレンドの逆行が500pips以内という例を採用しています。

この値動きの大きさですと、平均的には数か月~半年程度以上といったところでしょうか。

period-2

上の画像で使っている期間や値幅は例にすぎず、インヴァスト証券がこの期間や幅を推奨しているというわけではないかもしれません。

しかし、この期間や値幅を狙うのが現実的だと思います。

実際のところ、自動取引で取引させつつトレンドを追っていこうと思うと、デイトレードは無理があるように思います。自動取引なのに、1日に何度も口座をチェックしなければならない事態も想定できます。

自動取引のメリットを十分に生かそうと思えば、期間半年を中心とする期間が良いのかな、と思います。

ちなみに、当ブログが実行する仕掛け注文の取引予定期間は数十年以上(希望)です。完全に放っておいて、システムが勝手にトレードを繰り返してくれる、そんな状態が希望です。

当ブログの取引設定については、「トライオートFXを使った当ブログの取引設定」をご覧ください。

トライオートFXの口座開設はこちらから

-トライオートFXの機能

Copyright© FXリアルトレード道場 , 2019 AllRights Reserved.