トレード結果報告

トライオートFX公開取引記録:2017年6月

投稿日:2017年7月4日 更新日:

2017年6月も利食い回数は期待以下の回数ながら、収益は順調に伸びています。最初に、損益グラフを確認しましょう。

豪ドル/円(AUD/JPY)が円安基調のため、長期保有ポジション以外の全ポジションが決済されました。すなわち、リピート系の買い注文は勝率100%だったということになります。

いい感じと言えそうです。

ただし、下の豪ドル/円(AUD/JPY)週足チャートをご覧いただくと、少々面白くない展開です。

本来は、85円を超える部分では売りのリピート系注文発動です。

しかし、それでは毎日のスワップポイントがマイナスになってしまいます。そのマイナスをカバーするために、円高部分で長期保有ポジションを持つわけですが、現在のところ1万通貨しかありません。

1万通貨では、売りのリピート系注文を自由に実行できません。

そこで、現在は売りのリピート系注文は発注していません。様子見です。

上の週足チャートを見ますと、87円~88円くらいに相場の壁を確認できます。このラインを超えない限りは、まだ円高に戻る可能性が残されていると考えています。

88円をしっかり超える場合は、豪ドル/円(AUD/JPY)のリピート系注文をあきらめなければならないかもしれません。その場合に備え、他の通貨ペアで取引することを検討します。

リアルトレード頂上決戦グランプリ

なお、インヴァスト証券では、トライオートFXとトライオートETFを使ったトレードバトルを開催中です。期間は2018年3月30日までです。この種のイベントとしては、比較的長期です。

ゆったり為替も参戦していますので、2017年7月3日時点の順位を確認しましょう。

S3カテゴリで65位につけています。このグランプリは、取引をすれば自動でエントリーします。すなわち、参加者数はとても多いでしょう。

そして、多くの顧客は短期勝負を仕掛けていると予想します。

一方、ゆったり為替は、30年超の取引を視野に入れた放置トレードです。にもかかわらず、成績は上位に位置しています。今後どのような成績になるか不明ですが、短期で頑張るよりも、超長期で放置の方が好成績を収められるのでは?と思います。

次回の投稿は、何か大きな動きがあったら

なお、現在のポジションは豪ドル/円(AUD/JPY)を1万通貨買って持っているだけです。このまま推移すると、今月は新規約定も決済も1件もないまま推移しそうです。

悪くすると、来月以降も約定がないかもしれません。

そこで、為替相場が大きく動いて約定が復活した!だったり、ゆったり為替が何か別の通貨ペアで取引を始めた!という新しい展開が見えたら、次回の記事を投稿しようと思います(毎月の成績グラフや成績表は更新していきます)。

というわけで、夏ですがしばらく冬眠します。

「つまらんぞ!」というのが正直なところです。しかし、勝てると思う場合だけ取引し、そうでなければいつまでも待つというのが、トレードで生き残るために必要でしょう。ブログ運営をしていると、なかなかそうは言っていられませんが。

実際のところ、「勝てる!」と思う場面だけで自動売買しているので、下のグラフのような損益グラフになっています。素晴らしい損益グラフだと思いませんか?

こんな右肩上がりの成績にも関わらず、リスクは低めです。

すなわち、豪ドル/円(AUD/JPY)が円高記録(55円)よりも円高になっても、強制ロスカットにならずに利食いを繰り返してくれます。

トライオートFXの口座開設はこちらから

-トレード結果報告

Copyright© FXリアルトレード道場 , 2019 AllRights Reserved.