当ブログの取引設定

長期リピート系注文:トレードのリスク

投稿日:2016年7月27日 更新日:

当ブログの取引設定の目標は、「トライオートFXで自動取引を開始したら、後は永遠にトレードしてほしい」です。

実際のところ、トライオートFXは設定どおりに取引を繰り返してくれますし、パソコンの電源を切っていても構いません。何日も放ってから口座を確認したら、証拠金が勝手に増えていた!ということも可能です。

それを実現したいです。

よって、円高になったから含み損がどうだとか、スワップポイントの大きさがどうなったとか、心配しながらトレードしたくありません。極端な話、確定申告の際に口座を確認すればOK!という感じにできれば最高です。

そうは言っても、相場なのでリスクがあります。ここでは、リスクを確認しましょう。

リスク1:普段は想定しないリスク

どうしようもないリスクは考えても仕方ないかもしれませんが、念のため考えてみましょう。

・FXが取引禁止になるリスク
・取引している通貨ペアが取引停止になるリスク
・FX業者が経営破たんするリスク

などなど。投資に限らず、顧客の努力ではどうしようもないリスクはあるものです。

この種のリスクをあまりに重大に考えていると、FXができなくなります。そこで、このブログでは考えないことにします。

リスク2:普段から想定する(できる)リスク

一方、普段から想定できるリスクというものもあるでしょう。

・パソコンが壊れてしまい、取引できなくなるリスク
・スワップポイントがマイナスに転じるリスク
・予想以上に大きく円高(円安)になってしまうリスク

などなど。こういったリスクが顕在化する場合、ダメージの軽減に努めたいです。リスクが現実になったときの対応をあらかじめ考えておく必要があるかもしれません。

スワップポイントのリスク

今回のリアルトレードでは、豪ドル/円を買う場合のスワップポイントが常にプラスであることが前提になっています。このため、スワップポイントがマイナスになると厳しいです。

しかも、スワップポイントの大きさについて、顧客は影響力を発揮できません。

そこで、過去のスワップポイントや現在の経済状況を考えて、スワップポイントが今後逆転する可能性があるかどうかを考えることになるでしょう。

当ブログでは、豪ドル/円を買うトレードをします。豪ドル/円のスワップポイント逆転はない!と見込んでトレードします。

念のため、過去の様子を確認しました。少なくとも過去十年間以上の期間では、買いの側が継続的にマイナスのスワップポイントになったことはないようです。

少しでも早く自動取引を繰り返して、仮にスワップポイントがマイナスになって厳しくても大丈夫!な状態に持っていきたいです。

円安(円高)のリスク

今回のトレードの場合、売りも想定していますが、円安方向に進むのは損にならない設計です。大丈夫でしょう。

一方、円高方向は行き過ぎると厳しいです。とりあえず、過去の円高記録あたりまではOKと考えていますが、それよりもずっと円高になると厳しいかもしれません。

そうなっても大丈夫なように、どんどん利確を繰り返して証拠金を増やしたいところです。

証拠金が増えれば増えるほど、円高になっても強制ロスカットにならずにトレードを続けられます。トレードを続けられれば証拠金を増やすチャンスがあります。よって、何とかなるでしょう。

-当ブログの取引設定

Copyright© FXリアルトレード道場 , 2019 AllRights Reserved.